広島県福山市手城町のアットホームな動物病院です。動物と家族の幸せのてめに心のこもった丁寧な医療を。

犬の避妊・去勢

  • HOME »
  • 犬の避妊・去勢

  ワンちゃんの避妊・去勢

避妊・去勢はワンちゃんを家族として迎え入れた日から、皆さんが一度は考え悩まれる問題ではないでしょうか。
これらの手術は病気の手術とは違い、健康な体に行うものなので尚更だと思います。
そのため飼い主様によって、手術に対して賛否が分かれるのも当然のことです。

このページでは、これらの手術に対してのメリットやデメリットなどにも触れていますので、是非参考にしてみてください。
手術を前向きに検討されている方も、そうでない方も気になることがあればお気軽にご相談ください。

 

  去勢手術(男の子)

去勢手術は、睾丸を取り除く手術です。

 去勢手術が勧められる理由

去勢手術は、「望まない交配を避けるために行うもの」という認識を持たれている飼い主様はほとんどではないでしょうか。
その一方で、「手術を行うそれ以外の理由」を認識されている飼い主様はかなり少ないのではないでしょうか。
ここでは、去勢の代表的なメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

メリット
  • 病気の予防(前立腺肥大・精巣腫瘍・会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫など)
  • 性的欲求によるストレスからの解放
  • 問題行動の減少(マーキング・マウンティングなどの行動(早期手術時))
  • 望まない交配を避ける
  • 停留精巣(正常な位置に精巣がない)は精巣腫瘍のリスクが高くなる
デメリット
  • 太りやすくなる
    →ほとんどのワンちゃんが食事・運動管理で予防できる
  • 全身麻酔リスク
    →健康なワンちゃんでの麻酔事故の確率は非常に低い
  • 繁殖能力を失う(飼い主様が交配を考えている場合)

このように手術にはメリットとデメリットが存在します。
しかしこれらを比べた時、メリットの方が大きいことがわかっていただけるかと思います。
ですので、子供を産ませたいなどの明確な目的がなければ、ワンちゃんの健康のために去勢手術が勧められます。

 手術のタイミング

  • 子犬
    およそ生後6ヶ月以降で受けていただくことを勧めています。
  • 成犬
    高齢になればなるほど、臓器の衰えが出てきたり、心臓病や腎臓病などの麻酔をかけにくい持病を患う場合があります。そのため麻酔リスクが高くなりますので、できる限り若い時に受けていただくことを勧めています。

 手術前日から抜糸までの流れ

1.予約(電話もしくはご来院)
電話予約084-928-5420
当院を初めて受診するワンちゃんは手術当日までに、来院をお願いします。
お食事・お水止めなど必要事項をお伝えしますので、お電話の方はメモをご準備ください。

 

2.手術前日まで
ノミ・ダニ予防薬(動物用医薬品に限る)を使用してください。

 

3.手術当日
9時〜11時にご来院ください。
手術前の血液検査など必要な検査を行います。
検査結果や質問等への説明後、お預かりします。

 

4.お迎え
去勢手術:当日の18時〜19時を目安にお迎えとなります。
(腹腔内停留精巣の手術は、翌日の午前もしくは午後の診察時間中にお迎えとなります。)

 

5.抜糸
手術から10日後頃に行います(予約不要)。

  避妊手術(女の子)

避妊手術は、卵巣と子宮を取り除く方法と、卵巣だけを取り除く方法があります。
当院では卵巣と子宮を取り除く方法で手術を行っています。

 避妊手術が勧められる理由

避妊手術は、「望まない妊娠を避けるために行うもの」という認識を持たれている飼い主様はほとんどではないでしょうか。
その一方で、「手術を行うそれ以外の理由」を認識されている飼い主様はかなり少ないのではないでしょうか。
ここでは、避妊の代表的なメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

メリット
  • 病気の予防(子宮蓄膿症・乳腺腫瘍・卵巣腫瘍など)
  • 望まない妊娠を避ける
  • 発情期のストレスからの解放
  • 発情期出血の汚れを掃除する手間が減る
デメリット
  • 太りやすくなる
    →ほとんどのワンちゃんが食事・運動管理で予防できる
  • 全身麻酔リスク
    →健康なワンちゃんでの麻酔事故の確率は非常に低い
  • 繁殖能力を失う(飼い主様が交配を考えている場合)
このように手術にはメリットとデメリットが存在します。
特に女の子では、避妊手術をすることで乳腺腫瘍(約50%が悪性)や子宮蓄膿症など、命に関わる病気の予防ができるため、非常に大きなメリットが得られます。
ワンちゃんの健康のために避妊手術が勧められます。

 手術のタイミング

  • 子犬
    およそ生後6ヶ月以降で、最初の発情が来る前に手術を受けていただくことを勧めています。
    乳腺腫瘍の予防については、発情の回数を重ねるごとに予防効果が低くなります。
    発情が来てしまった場合は、発情出血終了後2〜3ヶ月が経ってからの手術を勧めています。
  • 成犬
    高齢になればなるほど、臓器の衰えや病気を患うことなどにより麻酔リスクが高くなりますので、できる限り若い時に受けていただくことを勧めています。
    乳腺腫瘍の予防効果はあまり期待できませんが、年齢を重ねるごとに子宮蓄膿症のリスクが増えますので、早めの手術を勧めています。

 手術前日から抜糸までの流れ

1.予約(電話もしくはご来院)
電話予約084-928-5420
当院を初めて受診されるワンちゃんは手術当日までに、来院をお願いします。
お食事・お水止めなど必要事項をお伝えしますので、お電話の方はメモをご準備ください。

 

2.手術前日まで
ノミ・ダニ予防薬(動物用医薬品に限る)を使用してください。

 

3.手術当日
9時〜11時にご来院ください。
手術前の血液検査など必要な検査を行います。
検査結果や質問等への説明後、お預かりします。

 

4.お迎え
避妊手術:翌日の午前もしくは午後の診察時間中にお迎えとなります。

 

5.抜糸
手術から10日後頃に行います(予約不要)。

  避妊・去勢共通事項

 手術日

手術可能日:月・火・水・金・土

 

 手術後の傷の管理

手術後に傷を舐めないようエリザベスカラーもしくはエリザベスウェアー(術後着)を着用していただきます。
 

  • エリザベスカラー(貸し出し・購入)
    退院時にエリザベスカラーの新品購入費用(税込)をお預かりします。抜糸時に破損なく返却いただければ全額返金します(費用負担なし)
    (次回使用が困難と判断される大きな破損がある場合や、3週間を超えて返却いただけない場合は購入扱いとなります)
    新品の購入も可能です。
  • エリザベスウェアー(購入)
    ご希望の方は、予め採寸が必要ですのでお早めにお伝えください。
    また、一部の犬種・肥満体型のワンちゃんではサイズが合わない場合があります。

  全身麻酔について

健康で若い動物であっても麻酔には極わずかなリスクが伴います。
しかし、そのリスクを予め知り、起こりうるリスクを早期に発見対処することで、体の負担を減らし、より安全に麻酔を行うことができます。

当院では、生体モニターや人工呼吸器を始め各種機器で、人と同じように麻酔管理を行い、より安全に麻酔を行えるよう努めております。
また、たとえ短い手術や簡易な手術であっても滅菌・消毒等の衛生管理の徹底はもちろん、全頭に安全のための気道確保を行った上でガス麻酔を行っております。
痛みに関しては複数の鎮痛剤を手術前から使用し、術中・術後の痛みを可能な限り減らすよう努めています。



犬の予防医療TOPへ

お気軽にお問合せ下さい TEL 084-928-5420 診察時間 午前 9:00 - 12:00 午後16:00 - 19:00
[ 木曜日 ・ 日曜日午後 ・ 祝日を除く ]

 ゆう動物病院


広島県福山市手城町3丁目14-23

 診察時間

【休診日】
木曜日・日曜日午後・祝日
【臨時休診】
お知らせをご確認下さい

 ネット受付


ネット受付はこちら
EPARKサイトへ移動します

 アクセス

広島県福山市手城町3丁目14-23
駐車場10台完備

福山市で動物病院をお探しの方は「ゆう動物病院」にご相談ください。当動物病院では飼い主様とのコミニケーションを大切にし、動物と家族にとってのより良い治療をご提案いたします。病気の治療だけでなく、予防医療、健康診断にも力を入れることで、病気の予防や早期発見にも力を入れています。

 ゆう動物病院のSNS

PAGETOP
Copyright © ゆう動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.