• 0849285420

    【診療時間】9:00~12:00 / 16:00~19:00
    【休診日】木曜・日曜午後・祝日

  • お問い合わせ

MEDICAL CHECKUP

健康診断

動物達にも健康診断は必要?

犬と猫は私たち人に当てはめると一年に4歳程度の年齢を重ねると言われています。
私たちが40歳前後になって毎年、健康診断を意識し受診するように、犬猫も定期的な健康チェックが必要です。
また病気は症状が出てから治すより「未然に予防する」「早期発見・早期治療」という意識がとても大切です。
そのため当院では一年に1回からの定期的な健康診断をおすすめしています。

健康診断にはこんなメリットがあります

  • 健康で元気な時の検査データが、将来異常が見つかった時の比較として役に立つ
  • 病気の早期発見と早期治療につながる
  • 生活習慣の見直しの機会になる

健康診断の重要性とは

元気いっぱい5〜6歳までの犬と猫

若い動物の健康診断では病気の有無をチェックする以上に大切な意味があります。
それは、『元気で健康な時を知っておく』ことです。
シニアになって初めて健康診断をしたり病気で検査をしたとき、若く健康時に行った検査データは比較対象となり、病気の早期発見や診断補助として非常に役に立ちます。
元気で健康な時だからこそ定期的に健康チェックを受けていただきたい時期です。

まだまだ元気いっぱい7歳から10歳の犬と猫

人に当てはめると40歳半ばから60歳台(大型犬は60歳後半以上)にあたる年齢です。
健康チェックをした犬や猫の中には病気が見つかることも増える年齢です。
今まで一度も健康診断をしたことのない場合は、一度は必ず受けておきたい時期です。
この時期からは年に1度程度の健康診断と、年数回の身体検査での受診をおすすめします。

年齢を感じる11歳からの犬と猫

人に当てはめると60歳以上の年齢です。
腫瘍、心臓病、腎臓病など高齢の動物に見られやすい病気も心配になる時期です。
この時期の健康診断は若い時よりも少し充実した内容で検査をしていただくことをおすすめします。
まだまだ元気という犬猫も年に1回以上の健康診断と、身体検査などの定期的受診をおすすめします。

健康診断のご紹介

わんにゃんドック(血液検査)

実施期間 通年
血液検査概要
  • 血球計算(CBC):犬猫共通
  • 血液化学検査:

①犬-18項目 + 電解質 + (FT4)
 猫-16項目 + 電解質 + (T4)
② 犬猫共通-11項目

こんな方におすすめ
  • 血液検査を受けさせてあげたいけど費用が気になる。
  • フィラリア検査と一緒に血液検査をしたい。
  • 充実した血液検査を考えている。
  • 猫ちゃんで腎臓病や心臓病も気になる仔。
  • オプション検査を費用を抑えて充実させたい高齢の仔。

健診セット

「わんにゃんドック」に便検査・尿検査・レントゲン・エコー・血圧をセットでお得に受けていただけます。
4つのセットを準備しています。動物の年齢や飼い主様のご希望に合わせて組み合わせを相談させていただきます。
セット内容によりお預かり検査・事前予約となります。

※横にスクロールできます。

おてがる あんしん しっかり しっかりプラス
尿検査
糞便検査
レントゲン(腹部・胸部)
超音波検査(腹部)
超音波検査(心臓)
血圧
お預かりなし 半日お預かり・予約制
求人情報
ネット受付

ページトップへ戻る